ギョウトクのものづくりノート。

感じたこと、気づいたこと、そしてつくること。

【いきぬき制作】薪ストーブと言えば・・

今日は天気の良い1日でした。

午後から子どもの参観授業があり、抜けるような青空の中小学校まで気持ちよく散歩ができました。

歩いていると目にする桜の木のつぼみも膨らんできて、春の足音を感じます。

満開の桜を想像すると、待ち遠しくなりますね。

 

さて、今回もオブジェ制作の様子を少しばかり。

 

 前回の作業は下の写真のように全体の塗装の工程まで進みました。(前回の工程はこちら

シンボルツリーも入り、建物本体を含めたランドスケープとしてのイメージが出来上がってきました。 

 

f:id:gyoutokuartspace:20200218225316j:plain

 

 ここで、せっかく薪ストーブがあるお家なので、煙突からの煙も出してみようと。

 ただ実際の煙ではなく、煙突からモクモクっと出る煙の様子を木切れをベースに制作します。

 

角材を煙の形に彫刻刀で削り出し、大まかなベースを作った後に、下地剤を塗っていきます。(削り出した時の写真を撮り忘れました・・^^;)

 

f:id:gyoutokuartspace:20200220222223j:plain

 

 

f:id:gyoutokuartspace:20200220222249j:plain

 

単体で見ると煙というより蟻の胴体のようにも見えますが、煙突の上にのると煙に見えるはず。。

煙突との接合部分は木地のまま残しています。

 

下地剤が乾いたら、いよいよ煙突の先に接合。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200220222314j:plain

 

 

f:id:gyoutokuartspace:20200220222343j:plain

 

いかがでしょう。

ちょっとは煙っぽくなりました?

接合後にホワイトで塗装をしています。

 

全体はこんな感じに仕上がっています。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200220222359j:plain

 

f:id:gyoutokuartspace:20200220222419j:plain

 

アトリエに転がっていた木切れから、やっとここまでたどり着きました。

難しいことは考えず、作品制作の合間にただただ手を動かして作ったオブジェ。

仕事や普段の制作とは違うゆるいモードで、楽しみながら作った作品です。

こんなある意味純粋な感覚も大事にしながら、仕事へも取り組みたいものです・・。

 

さて、そろそろ制作も終盤に入った「憧れの平屋」ですが、次回はいよいよ最後の塗装へと移ります。

 

ではでは、次回もお楽しみに(^ ^)

 

------------------------

↓  詳細情報はこちら

 Gyoutoku Sano HP

Facebook

Instagram

Instagram(いきぬきオブジェ)

------------------------


 

 

【いきぬき制作】家の色がガラリと変わります!

 

今朝はバケツの水が凍るほどの寒さになりました。

ようやく普通の冬がやってきましたね。

これから週末にかけては布団から出るのが辛い日々がしばらく続きそうです。

 

さて、「憧れの平屋」は本日より塗装の工程に入ります。

 

全体の仕上がりが想像できる状態にまでなってきました。(前回の工程はこちら

 

f:id:gyoutokuartspace:20200217084524j:plain

 

白くザラッとした質感も悪くはないのですが、今回は全体的にもう少し重量感のある落ち着いた感じの仕上がりを想定していますので、最初に黒に近いグレーを塗布していきます。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200218225045j:plain



f:id:gyoutokuartspace:20200218225112j:plain

 

下地が比較的凹凸のあるマチエールなので、グレーの絵の具もほどよい加減でムラができ、いい感じに仕上がりそうです。

 

そして1回目の塗装が完了。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200218225215j:plain

 

塗装時の筆触や濃淡も味わいとして活かしていきたいので、なるべくラフな感じで色を置いていきます。


乾燥後、2回目の塗装が完了。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200218225316j:plain

 

f:id:gyoutokuartspace:20200218225332j:plain

 

 

白い下地の時と比べると、若干重たい感じになりました。

 

 

f:id:gyoutokuartspace:20200218231319j:plain

 

ここからさらに頭の中にあるイメージに近づけるため、もう少し色合いを調整して塗装を繰り返します。

 

こうして全体をみると、もう一発アクセントが欲しくなってきました・・

せっかく薪ストーブがあるお家なので、ここからちょっと一工夫を加えてみます。

 

この後、いよいよ最後の仕上げのフェーズへと移ります。

ではでは、次回もお楽しみに(^ ^)

 

------------------------

↓  詳細情報はこちら

 Gyoutoku Sano HP

Facebook

Instagram

Instagram(いきぬきオブジェ)

------------------------


 

 

【いきぬき制作】外構のアクセントに必要なもの。

2月とは思えない暖冬の中、最近は上着すら着ずに外出することが増えてきました。

岡山はもともと温暖でほとんど雪は降らないのですが、今年は特に暖かい日が続くような気がします。

山陰育ちの私からすればこの時期に雪がないだけでもありがたいのですが、例年の寒さとは明らかに違いますね。

今後は大雪も予想されるとのことでしたが、念のため車にはチェーンと金属のカクスコ(角形のスコップ)を常備しています。

 

 

さて、今日も仕事の合間の息抜きに、オブジェの制作を少しばかり。

土台と本体を接合した状態から、いよいよ仕上げに入ります。(前回の工程はこちら

 

今日の作業はこんな感じで進めました。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200214143358j:plain

 

全体を見ると若干寂しいので、ちょっとアクセントが欲しくなります。

やはり新築物件の外構にはつきものの「シンボルツリー」は欲しいところ。

 

ということで、アルミ線でシンボルツリーを制作します。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200217084230j:plain


アルミ線を適度な長さに切り、枝の形を作っていきます。

それらを束ねて布の下地を巻き、下地剤を塗布した状態がこちらです。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200217084256j:plain

 

ツリーの向きを確認して、設置する大まかな位置を決めます。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200217084353j:plain

 

位置が確定したら、ツリーを設置。

土台に穴を開けて差し込み、しっかりと固定します。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200217084428j:plain

 

f:id:gyoutokuartspace:20200217084524j:plain

 

f:id:gyoutokuartspace:20200217084541j:plain

 

少し家らしくなってきたでしょうか。 

エクステリアがあって初めて建物が引き立ちますね。

 

そして、必要な箇所に再度下地塗装を塗り、修正をしていきます。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200217084742j:plain

 

今日の作業はここまで。

  

白く雪をかぶったような家はこのままでもいいような気もしますが、ここから別の色へ塗装していきます。

次回は塗装の工程をアップします。

 

ではでは、次回もお楽しみに(^ ^)

 

------------------------

↓  詳細情報はこちら

 Gyoutoku Sano HP

Facebook

Instagram

Instagram(いきぬきオブジェ)

------------------------


 

 

【いきぬき制作】いよいよ全体像が見えてきました。

アトリエに転がる木切れを使った息抜きのオブジェ。

制作している時間があっという間に過ぎ、いよいよ全体像が見える中盤に差し掛かってきました。(前回の工程はこちら

 

今日の作業はこんな感じで進めました。

 

土台となる部分も基本的には作品制作で余った木材を使って制作しています。

とはいえ、もともと制作で使用する木材なので、シナ合板や白木材などがメイン。

前庭部分には合板の厚みの差を利用して階段も作りました。

 

本体と土台をしっかりと固定するためあらかじめビス穴を開け、後の本体の割れを防ぎます。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200214143219j:plain

 

土台に本体を載せ、接合箇所のチェックと全体のバランスを見ます。

接合の後で修正が必要な箇所を確認しておきます。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200214143241j:plain

 

 

f:id:gyoutokuartspace:20200214143308j:plain

 

この後本体と土台に再度下地剤を2回塗り、全体をコーティングします。

 

接合後では塗装がしにくい中庭を、この時点であらかじめ仕上げに近い色で塗装しておきます。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200214143750j:plain

 

そしていよいよ本体を土台に接合。

土台裏のビスでしっかりと固定します。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200214143342j:plain

 

f:id:gyoutokuartspace:20200214143358j:plain

ここまでくると、全体の完成が見えてきましたね。

あとは全体の仕上げの塗装と、このままではちょっと寂しいので少しアクセント加えていこうと思います。

 

こうやって眺めると、庭にはやっぱりシンボルとなるアレが欲しいですね。

 

 ではでは、次回もお楽しみに(^ ^)

 

------------------------

↓  詳細情報はこちら

 Gyoutoku Sano HP

Facebook

Instagram

Instagram(いきぬきオブジェ)

------------------------


 

 

【いきぬき制作】外観でコレだけは外せない条件

 本日も「憧れの平屋」の制作は着々と進んでいます。(前回の工程はこちら

こういう作業は普段の作品制作より、格段にスピードが早いですね・・

プラモデルを作る感覚に似ていて、思いつくまま形にしていきます。

いい意味で、制作もこうありたいものです(^ ^;)

 

さてさて、進捗状況はというと、

家本体とベニヤのサイズを調整して貼り合わせた後、塗装を定着させるための布を貼っていきます。

下地となるので、接着は念入りに。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200213094005j:plain

 

以前の記事にも書きましたが、理想の家の条件の一つは「薪ストーブ」ですので、煙突を設置します。

本体にドリルで穴をあけ、丸棒をしっかりと固定します。

 

そしてやはり前庭にはウッドデッキが欲しくなりますね。

こんな広いデッキを実際使うかどうかはわかりませんが・・

ここは思い切り贅沢をしましょう。憧れですので。。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200213094024j:plain

 

玄関部分の下屋も制作し、塗装前に建物本体へ接合。

布の隙間を埋めるように若干盛り上げ剤で調整した後、乾燥後に1回目の下地塗装をします。

 

同時に基礎部分の土台も建物のサイズに合わせて作っていきます。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200213094039j:plain

 

そして、理想の家のもう一つの条件である「長いスロープ」も設置しました。

緩やかなスロープがあるだけで、ゆったりとした安心感が生まれます。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200213094057j:plain

 

最後に建物とのバランスを見ながら、土台の端を不定形に削ります。

直線的な建物とは対照的に、若干柔時かな印象に変わりました。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200213094116j:plain

 

 ということで、本日の作業はここで終了。

 

次回は建物と土台を接合して、全体の塗装に入ります。

形が見えてくると、いろいろ想像が膨らんできますね。

 

外観を考える上で緩やかなスロープと大きなデッキは、個人的に外せないアイテム。

室内から外を眺めた時には、きっと空間の広がりを感じることでしょう。

 

デッキはもっと大きくても良かったかな・・

 

次回は土台と建物をつなぎます。

では、次回もお楽しみに(^ ^)

 

------------------------

↓  詳細情報はこちら

 Gyoutoku Sano HP

Facebook

Instagram

Instagram(いきぬきオブジェ)

------------------------


 

 

HPをちょっと見やすくプチリニューアルしました!

近頃若干放置状態だったホームページを修正を加えてリニューアルしました。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200212131656j:plain

とは言っても大層なリニューアルでもなく、作品ごとにカテゴリーを分けたり、作品制作への想いを追記したりと、簡単な更新がメインです。

もしご興味があればこちらよりご覧ください。

 

PC環境とスマホでは随分と印象が異なってきますので、極力同じようなイメージに近づくようにレイアウトを調整しました。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200212132917j:plain

 

普段はデザイン関係の仕事もしていますが、ほぼ紙媒体がメイン。

IllustratorPhotoshopならイケますが、Web分野は不得手なため、潔くHP制作ツールを利用しています。

そのため細かな見え方などはツール内で使える範囲でしか設定ができません・・

ただ、テキストや写真をあらかじめ用意をしておけば、ここまで簡単にHPが作れるのかと、作業をしながら感心しました。

もちろん使いこなせない上級者向けツールもまだまだ沢山ありますが、必要に応じてこちらの知識もアップデートしていかないといけないですね。

 

もっとバリバリとウェブ系ソフトを使いこなせれば良いのですが、つくづくアナログ人間だなぁと感じます。

 

 

さて、自宅ギャラリーでは昨年末から引き続きひっそりと常設展を継続しています。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200212141149j:plain

 

4.5畳の小さなスペースですが、個展会場とはまた違った雰囲気でゆっくりと鑑賞していただけます。

もちろん美味しい珈琲もご用意しています。

 

ご来場の際はお手数ですが事前にHPメッセージフォームか、FacebookもしくはInstagramのメッセージよりご連絡ください。

 

 

次回もお楽しみに(^ ^)

 

------------------------

↓  詳細情報はこちら

 Gyoutoku Sano HP

Facebook

Instagram

Instagram(いきぬきオブジェ)

------------------------


 

 

【いきぬき制作】片流れのスマートな外観にしてみよう。

さて、思いつきで初めた今回の工作のテーマは「憧れの平屋」。(前回の工程はこちら

今回も引き続き心の赴くままに手を動かします。

 

木切れとベニヤ板の厚みを考慮し現物を合わせながら見当をつけ、外壁になるパーツを大胆にカット。

細かい箇所は気にせず、大まかに切り出していきます。

その後全体のフォルムを見るために、屋根と外壁を仮留めしてみます。

 

 f:id:gyoutokuartspace:20200211003209j:plain

 

直線基調のシンプルな外観が見えてきましたね〜。

そして、ちょっとお洒落に外壁側面は斜めにカット。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200211002635j:plain

 

内部の空間を想像しながら、入口や天窓を設置。

窓や入口に凹凸をつけると、一気に家っぽく見えてきました。

屋根の◯の部分は煙突がくると良いかなと。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200211100118j:plain

 

f:id:gyoutokuartspace:20200211100204j:plain

 

ざっとこんなイメージで、全体のフォルムが見えてきました。

中庭っていいですね〜。

もともとあった木切れをベースにしているので、実際の家のスケール感は全く無視しています。

 

ここからは一旦パーツを外し、細部を合わせながら調整していきます。

基本的には制作で余った材料を使って、そのときの感覚で作っていくので、結構大雑把です。

途中で気が変わり削ったりくっつけたりしながら、大幅な設計変更(?)も充分にあり得ます。

 

どんな仕上がりにするか想像しながら、次回は塗装の作業を進めていこうと思います。

 

次回もお楽しみに(^ ^)

 

------------------------

↓  詳細情報はこちら

 Gyoutoku Sano HP

Facebook

Instagram

Instagram(いきぬきオブジェ)

------------------------