ギョウトクのものづくりノート。

感じたこと、気づいたこと、そしてつくること。

【いきぬき制作】片流れのスマートな外観にしてみよう。

さて、思いつきで初めた今回の工作のテーマは「憧れの平屋」。(前回の工程はこちら

今回も引き続き心の赴くままに手を動かします。

 

木切れとベニヤ板の厚みを考慮し現物を合わせながら見当をつけ、外壁になるパーツを大胆にカット。

細かい箇所は気にせず、大まかに切り出していきます。

その後全体のフォルムを見るために、屋根と外壁を仮留めしてみます。

 

 f:id:gyoutokuartspace:20200211003209j:plain

 

直線基調のシンプルな外観が見えてきましたね〜。

そして、ちょっとお洒落に外壁側面は斜めにカット。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200211002635j:plain

 

内部の空間を想像しながら、入口や天窓を設置。

窓や入口に凹凸をつけると、一気に家っぽく見えてきました。

屋根の◯の部分は煙突がくると良いかなと。

 

f:id:gyoutokuartspace:20200211100118j:plain

 

f:id:gyoutokuartspace:20200211100204j:plain

 

ざっとこんなイメージで、全体のフォルムが見えてきました。

中庭っていいですね〜。

もともとあった木切れをベースにしているので、実際の家のスケール感は全く無視しています。

 

ここからは一旦パーツを外し、細部を合わせながら調整していきます。

基本的には制作で余った材料を使って、そのときの感覚で作っていくので、結構大雑把です。

途中で気が変わり削ったりくっつけたりしながら、大幅な設計変更(?)も充分にあり得ます。

 

どんな仕上がりにするか想像しながら、次回は塗装の作業を進めていこうと思います。

 

次回もお楽しみに(^ ^)

 

------------------------

↓  詳細情報はこちら

 Gyoutoku Sano HP

Facebook

Instagram

Instagram(いきぬきオブジェ)

------------------------